一日一食の話

昨日までは、朝食抜きの話。
今日は一日一食の話、、、で、どんどん食事が減っていくーーーっ
というお話ではありません(^^)

2年程前に一日一食をしていたことがあります。
1年間くらい。
といっても、お昼にナッツや果物を食べ、後は夕飯をいただく。
お友達とランチなどをするときは、普通に食べる、、、というようなゆるーい感じ。

色々な本を読んで、一日一食ってすごくいいらしい、ちょっと試してみたいと思い、
その時ちょうどお正月後で体重増加が気になっていたのもあり(笑)、はじめてみました。

お昼に果物やナッツを食べていたので、そんなに抵抗なくできたし、
お腹が空いての夕飯は本当に美味しい

身体はもの凄く軽いし、体調もかなり快調!
一日一食にもかかわらず、体重は適正体重以下にはならず、
筋肉量が増え、体脂肪が減るという感じでした。

本当に調子が良かった・・・と、思っていたのですが、
生理が来なくなってしまたんですね。

毎月順調に来ていた生理が、一日一食をはじめてから3ヶ月来なかった。
その後も、2ヶ月に一回やたまに毎月くるけれども、なんとなく不規則。
あきらかに、一日一食にしてから生理不順になってしまいました。

生理も1ヶ月に一回のデトックスの機会ですから、いくら体調が良くても
出るものが出ないと気持もよくないし、身体にも影響してくると思うんですね。

そこで、1年間は様子見で続けてみましたが、朝食抜きの一日二食に戻しました。
そうしたら、生理不順がなくなりました

よくよく考えてみれば、私が読んだ一日一食を薦めている本の著者の方は、
皆さん男性。
私が知らないだけで、女性の方でも一日一食を薦めている方もいらっしゃると思うし、
実際されている方もいると思います。

もしかしたら、私の栄養のとり方に問題があったのかもしれないし、一日一食にして、
生理が不順になる身体を見直す必要があるかもしれない。

でも私の中では、生理が来ないということが、他の快適さをおいてまでも
とりあえずは改善した方がいいのではないかと判断しました。

一日一食のことだけではなく、何においても、良い、悪い、と決めつけると
自分が思い込んだ面しか見えなくなります(私も含めて)。

なので、一方向だけに目を向けるのではなく、多角的に物事を捉え、今の自分にとっての
メリット、デメリットを考えて納得して答えを出すことが大事だなと、
朝食抜きと、一日一食を試してみて思いました。

年齢とともに人の身体は変化していきます。
食事に関して言えば、20歳と90歳の食事内容や量が全く
同じにはならないということのように。

今の私には朝食抜き、且つ、夜寝る前には空腹状態にしておくというのがベストな食事の仕方ですが、
これから年齢を重ねるとともに体の変化に応じて柔軟に、その時々で考えていけばいいかなと思っています。
(きっと基本的な部分は変わらないかもしれませんが)

そんな時に普段から自分の身体と向き合っていると、答えを出しやすいかなと(^^)

今日も長くなりました~
こんな私のあーでもない、こーでもないの試行錯誤しっぱなしに
お付き合いくださいましてありがとうございます(^^)

■自力整体 新鎌ヶ谷教室 公式サイトはこちらです

Posted by aya