間が大事。②

先日の記事、「間が大事。」の第二弾。
先日に記事はこちらから↓
http://lifestyle.annvi.com/2018/05/21/post-573/

自力整体の「間」も大事。

一つの動きをして、お腹から一呼吸する時。

しばらくほぐした後のちょっとした休憩。

前半が終わった後のゴローンと横に脱力した状態での休憩。

このなにもしていないような「間」に身体に変化があったりする。

ジワ~とお湯が流れるような感覚だったり、血液がザーと流れる感覚だったのが、
しばらく休んでいる間に落ち着いてくるような感覚だったり・・・。

この「間」がないと効果も減ると思う。
静と動という関係のような。

なにもしていないようで、大事な「間」。
というより、なにもしない、なにも考えない、ボケーッとする、ということが大事なのではないか。

「間」がもったいないと、ギュウギュウ詰めすぎたり、動きっぱなしでいると
そのうち身動きが取れなくなる。
取り出せないから、入ってもこなくなる。
そのまま出し入れが面倒に。
人の身体もモノも一緒。

「間」を楽しめるような、味わえるような、そういう日々を送っていけたらと思っていながら、
なんとなく慌ただしく過ぎてしまう。

でも、自力整体をすると「間」が心地よく気持ちよく感じられるようになってくる。
それを少しずつ日常にも取り入れていけばいいのかなと思う。

■自力整体 新鎌ヶ谷教室 公式サイトはこちらです