昨日の続きです。
昨日の記事はこちらから↓
「問題」を、「問題(_ _|||)」と思うか「課題(9`・ω・)9」と思うか。

身体で感じる、体感する→行動が変わる→習慣が変わる→性格も変わる→体調も変わる。

例えば、私は以前から自分の言葉には説得力がないと思っていました。
何故、説得力がないんだろう・・・
これは持って生まれたものなのか・・・?←これは完全に「問題」を「問題」としかみていません。

そんな時に、昨年10月頃~年末にやっていた日曜劇場「陸王」を観ました。
これ、ものすごく面白かった!

それでですね、この「陸王」をみて気づいたワケです。
自分に説得力が身につかない理由が☝️

「陸王」に登場する人物は、ここぞというときに言うセリフに物凄く説得力がありました。
それは何故か・・・考えた。
で、やっと気付いた。。。( ̄□ ̄;)!!
説得力はどんな状況でもあきらめずにやり抜こうとする意志から湧き出てくる言葉なんだ。
あるいは、やり抜いたことが説得力に結びつくのだと。

自分は今までやり抜くということをあまりしてこなかったなと。
まぁだいたい8割~9割で、このくらいまで終わったからまぁいいかと力を抜いてしまうんですね( ̄∇ ̄)
特に必死でやり抜くということってほとんどなかったかもと。

自分でやり抜くという努力をしなかったのに、説得力だけを求めていたんだという衝撃的な事実Σ(-∀-;)
それからはやり抜くというクセを付ける為に、家事からでもできるだけ最後までやり抜くことを意識して過ごしています。

それが、「問題」を「問題」としてみていたことから「自分の課題」として見方を変えたことになりますね。

こういったことを続けていて思うのは、やはり全ては自分ということ。
他の誰でもなく、自分が今の自分をつくりだしているということ。
そして、メンタルをよりよい方向に持っていくというのは、日々意識した訓練が必要だということ。
魔法の様に、ある日突然全てが良くなっているという近道はなく、日々コツコツが一番近道だということ。

そして、「何故、どうして、そうなのか」ということを冷静に考えるようにすると、他人のせいにしたり
悶々と苦しんだりということが少なくなってくるということ。

人の事は冷静にみることが出来るのに、自分のことってなかなか客観的にみるのは難しいですよね。

これは・・・「幽体離脱」がオススメです( ̄∇ ̄)←マジです。

何か問題や悩みが起きた時に、「幽体離脱」をしてみる。
自分を離れて客観視してみると、「何故、どうして、そうなのか」ということを
冷静に考えやすいかもしれません。

考え抜くということも大事ですね。
これも「陸王」で感じました。

こういった、ドラマや映画、時事ネタを自分に置き換えて観る、「幽体離脱」をしてみる、そして、考えて抜くことで色々な気づきが得られると思います。

気づいた段階で、それは「問題」ではなく「課題」になるような気がします。

「問題」と捉えているうちは、受け身で、人のせいや周りの環境のせいなどにしがち。
エネルギーもダダ盛れで相当疲れるハズです。

「自分の課題」だと気づく、見方を変えた瞬間から、自発的になり、自分で行動に移していく。
自分の課題なので、クリアすることを目標に動き出せる。
それは、エネルギーもまわることなんじゃないかと思います。(負のスパイラルの逆ですね)

またまた長くなりました(。-∀-)

心についてのお話は、あまり教室でもお話する時間がないので、自分の気づきを中心にまた書いていこうと思います。

上手く伝わるか分かりませんが、少しでも心が軽くなるヒントが見つかれば幸いです。

おすすめの記事