昨日、自分の食生活について書きましたが、
食べ物を頂くときの心の持ちようも大切かと思います。

例えば、今は様々な所から情報が流れてきて、
あれは体にいい、これは良くないということがたくさんあります。
情報に惑わされて、これは食べてもいい。でも、あれとこれは食べてはならない。
というように、ギッチギチにしてしまうと、その気持ちがストレスとなり、
身体に影響してしまう可能性もあると思うのです。

一人一人の身体は異なるので、個人差はもちろん、季節によっても体調によっても
食べたいと思うものは変化もするでしょう。

私は小麦を食べるとお腹が緩くなり、怠くなってしまうのですが、
たまにパンは食べたくなります。
そういう時は、食べます( ̄∇ ̄)
食べたいと思って食べるのって、すごく美味しいですよね(๑¯﹀¯๑)

そのパンを食べながら、
「あー・・・小麦食べちゃったな~まずいな~」と思いながら食べていると、
多分、小麦の影響が体にでると思います。

本当に美味しい!食べられて嬉しい!と思いながら食べるのとでは、
消化力も異なってくるのではと思っています。

先日、中学の時からの友達と久しぶりに昼間から会って、
夜まで声が枯れるまで話し、大笑い。
それはそれはいろいろ食べ、そして、飲み・・・( ̄∇ ̄)

だったのですがっ!
翌日、ものすっごくスッキリ!!身体がラク!!
自力整体+断食でもしましたか?というくらいスッキリで驚きました。

なので、女性の場合特にそうかもしれませんが、楽しく話しをし、
そして、美味しく食べ物を頂くとそれだけで心のデトックスもでき、
消化力も上がるのだということなのだと思います。

自分の身体に合った食事法があれば、身体も楽で体調も整っていくとは思います。
ただ、そこからはずれたものをたまに食べたとしても、罪悪感で食べずに
美味しく楽しく食べた方が全てに対してストレスフリーのハズ(^w^)

食べる時の気持ちも大切に、美味しく楽しい食生活を♡

おすすめの記事