昨日の続き。
「掃除機かけなきゃ・・・」
「掃除機かけよう!」
この二つの言葉を言った時の気持ちの違い( ̄∇ ̄)

昨日の記事はこちらから←

「掃除機かけなきゃ・・・」
と言ったときのモヤッとした感じ(私だけ?)

これが続いたら、疲れる、気分も滅入る( ̄ε ̄;|||・・・
でも、意識してみると結構「〇〇なければならない」と
発してるし、頭を通り過ぎている言葉(これももしかしたら私だけ??( ̄▽ ̄))

別に「〇〇なければならない」と言ってはいけないとか、考えてはいけないとかではなく、
(それも「〇〇なければならないと言ってはいけない」になる( ̄∇ ̄;))
自分が「〇〇ならねばならない」と発したり、考えたりしたときには、
本当にそれが必要なものなのか?
自分で勝手に思い込んでいるだけではないのか?
もし、それが本当に必要だったとして、他の方法はないのか?

・・・と考えるきっかけになると思うのです。
そもそも「〇〇なければならない」と思った時点で、
自分では本当はそうしたくないという気持ちもあるかもしれないし、
受け身なことが多いのではないか。

だったら、それは自分がそう思っているだけで、
本当はあまり必要なことではないかもしれない。
そう思う事によって、「やらない」という選択もあると思う。

視点を変えてみるのもいいと思うし、それで自分が楽になることも、
また新たな発見をすることもあると思う。

我が家も夕飯を少しにしたら、時間にゆとりも出来たし、
次の日の身体も軽い。
「夕飯作らねばならねば」からかなり解放された感じとなった(๑¯﹀¯๑)

掃除も毎日しなければならないと思っているのは自分で、
そう思った時は、ふとやめてみたりもする。
そうすると楽になって、縛り付けていたのは
実は自分だったと気づくのです( ̄∇ ̄)

おすすめの記事