「ビヘイビアヘルス」という言葉をご存知でしょうか。

私はつい最近まで知りませんでした ( ̄∇ ̄)
美容院に行き、雑誌を見ていた時に目に留まった記事が「ビヘイビアヘルス」でした。

この「ビヘイビアヘルス」を知った時に、これだ!と( ✧Д✧) (何が?って感じですが)

「ビヘイビアヘルス」とは、
behvior=行動,ふるまい
health=健康

日本の医療の20年先を進んでいる(!!!)と言われている、
ハーバード・メディカル・スクールが提唱したもので、
医療に全てを頼らず、個人が行動を変えることによって(行動変容)、健康維持や
病気の発生を予防することを推奨する考え方。

最近では、特にパソコンやスマホなどの普及で座ってジッと動かない生活が
急増している中で、運動不足が懸念されていますね。

そこで、ビヘイビアヘルスでネットを色々と調べてみると、、、
世界の10%は、運動不足が死因という衝撃( ̄□ ̄;)!!
もっと衝撃的なのは、日本人はそれを上回る16%とか。。。
(日本人は勤勉だからということもあるのだろうか・・・)

日々における行動変容とは、様々挙げられますが、
例えば、飲酒やたばこの習慣の見直し、食生活、運動など。
日常における生活習慣の見直しに繋がるものですね。

例えば、運動を習慣にしたとして、やり方や時間なども関係してきますが、
乳がんや大腸がんによる死亡リスクも低下させることが可能とのこと。

これは、私も常々思うのですが、体調が悪くなって、病院行って、薬もらって・・・
ということを繰り返しても、生活習慣を見直さない限りは、
また同じ事を繰り返してしまうのですよね。
そして、体調が良くない、なんでだろう・・・と悶々としてしまい、
更に気持ちからも滅入ってしまう。

身体が不調になるのは、今の生活に無理があるからですよー!の信号です。
それは薬で抑えても治ったことにはならないのです。
薬で抑えてその時は良くなった(つもりの場合も)としても、
同じ生活を続けていてそこに無理があれば再発します。

その人の日々の行動が変わり、意識や考え方が変わっていくと、
身体も根本的なところから良い方向に向かっていくのだと思います。

明日に続きます(Ü)

おすすめの記事