代謝が良くない、潤いがない気がする、体が重く感じる、、、
などなど、年齢を重ねると共に体の悩みはゾロゾロ出てくる(( ̄∇ ̄))
と思いますが、本日からそんな悩みに関して、
最近の私の人体実験(!?)からヒントになればと思う3つの
ことを3回に分けて書かせていただきます。

☆代謝を上げ、潤う身体にするための3つのヒント☆
①筋肉量がUPすると体脂肪率が下がり、代謝がUPする。
②日々適量の水分補給をしながら体を動かすことで体の水分量がUPする。
③立ち生活をすることで、筋肉量と水分量がUPする。

今日は、その①項目目。
【①筋肉量がUPすると体脂肪率が下がり、代謝がUPする。】
4月に「身体をケアするということ」という記事を書きました。
記事はこちら↓

この記事にも書いた通り、最近自分の為の自力整体の時間を増やしている
のですが、結果、筋肉量がUPしています。

最近の自力整体は筋肉強化も多く含まれているのもあると思いますが、
始めは少しキツイと思っていた実技も回を重ねるごとに楽にできるようになり、
様子を見ながら回数を増やすことで、筋肉がつき、体が軽く感じています。

その変わり体脂肪は落ちているっ(° ꈊ °)✧
もちろんその結果、代謝もUP!

筋肉がつくことで、体が楽に支えられている感じがします。
そして、体が軽いっ。
重ーい体を引きずるというようなことは少なくなります。

・・・少なくなると書いたのは、食生活も関係するから( ̄∇ ̄)

筋肉をいくら鍛えても飲みすぎたり、寝ている時に空腹でないと
やはり怠くはなります。
私の場合小麦を食べても怠くなる。

体は動かさずにいると、筋肉が衰え、血流も悪くなり、ますます動くのが
億劫になり・・・さらに筋肉が衰え、血流が・・・以下リピート(‐∀‐
逆に体を動かしていくと、筋肉もつき、血流もよくなり、代謝がよくなり、
体が軽く、さらに動ける・・・という好循環♡

体を一度動かさなくなると、動かすまでが億劫になるし、勇気も必要。
最初の一歩が大変だとは思うのですが(私もそういう時はたくさん(!?)あります)、
自分に合った好きなこと(ヨガでも散歩でももちろん自力整体でも!)
から少しずつ踏み出してみると、体は良い方向に向いていってくれるのではと
思っています(Ü)

おすすめの記事