よく寝る前の時間は記憶を定着させるのに適していると言われ、
例えば、学生だったら暗記ものなどの勉強時間に当てると
いいとされている。

皆さんは夜寝る前の時間をどう過ごしていますか?
また、寝る直前に思うことはなんでしょうか。

例えば、今日会った嫌な出来事や心配事、不安を抱えて
そのまま睡眠に入ったりすると、そのネガティブな記憶が脳に
定着してしまうらしいのですΣ(|||▽||| )Σ(|||▽||| )Σ(|||▽||| )

なので、翌日もそのネガティブモードを引きずったまま起床・・・彡(-ε-;)彡

テレビやネットの情報なども同じです。
テレビやネットのニュースにはネガティブな情報が多い。
その方がみんなが観るからですね。

寝る前の記憶の時間に、そういった情報を観てしまうと
それが記憶に定着してしまうということ。

寝る前にテレビやネットを観ること自体も不眠の原因の一つになり、
ストレス要因となります。

そんなネガティブな記憶の定着って・・・(‐∀‐;;(‐∀‐;;(‐∀‐;;
そ、それは困る・・・( ̄∇ ̄;)

では、どうするか?

寝る前には、できるだけ今日あった楽しい出来事を思い出す様にする。
今日でなくても構わないと思います。
自分にとって楽しいこと、嬉しいことを考えてから寝る。

そうするとそれが記憶に定着しやすくなるらしいのです(° ꈊ °)✧

それが習慣付くと翌朝もポジティブな気分で起きられることが
多くなるかもしれません。

自然のリズムに沿う暮らしは大切だと思いますし、
その中で自分の身体のリズムを上手に活用して、
少しでも気分のいい毎日が送れたらと思います♪

今日は、記憶ついでに睡眠のことを書きましたが、
今週金曜日はじぶん塾の睡眠講座になります。

心地いい睡眠を得るにはどうしたらいいのか!?
ホルモンレベル(!?)で皆さんと探っていこうと思っています。
お楽しみに♪

おすすめの記事