少し前に、「身体メンテナンスで夏を楽しく過ごす♪」という
記事をお届けしました。

その記事はこちらから↓

主に夜の寝苦しさには胸が関係しているというお話でしたが、
今日は自分の経験から基づいた、夏を快適に過ごす方法を
箇条書きにしてみようと思います( ̄∇ ̄)

①汗をかいたら必ず拭く。冷房が効いているところに入る時はとくに
→一度かいた汗が引っ込んでしまうと、その引っ込んだ汗が不調の原因になります。
眠かったり怠かったり、喉が痛くなったり、咳が出たり・・・夏風邪の原因にも。
特に首周りをよく拭くといいかと思います。
また、発汗を促してあげると汗が原因の不調が改善されます。
(汗をかくといっても熱中症にはご注意を)

私は、夏の始めに咳や喉が痛くなったりが必ずあったのですが、
汗をこまめに拭くようにしてからは、今のところ(ここ2~3年)そういった症状が
ありません。

②水分補給をこまめに。塩分も一緒に補給
→お茶やコーヒーではない、普通のお水をこまめに補給しましょう。
汗をかいた分、塩分の身体から出ますので、梅干しや天然塩などと一緒に補給すると
いいかと思います。
また、レモン果汁などを入れると水も飲みやすく、体への吸収性も高まります。

③冷房が効いている室内ではレッグウォーマー着用
→冷房が効いている部屋で足首を出していると
意外と冷えているもの(触ると冷たい)。

個人的には、夜寝る時も冷房が効いている場合は締めつけの少ない
レッグウォーマー(自然素材のものがサラッとしていてオススメ)
を着用して寝ると朝起きた時の怠さが改善されています。

以上、3つをお届けしました!
続きは明日(Ü)♪

おすすめの記事