自力整体を家でやっていると、息子が来て、
まねてやっていることがある(‐∀‐

息子は内股O脚猫背なので、自力整体をやるといいのでは
ないかなと思っているけれど、気が向いた時にチラッとやるだけ。
(そりゃそうですよね~( ̄∇ ̄))

少し前までは訳が分からず、なんとなくまねて一緒にやっている感じ
でしたが、最近はどこに効いているなどが分かるらしく、
気持ちいいな~これ、などいいながらチョロチョロっとやっています。

以前、息子に自分用のわっかタオルが欲しいと言われて、
いつもタオルを作成頂いているところに、息子用の
短い版わっかタオルを作っていただきました。
(わっかにして90cmが一般的だけれど、息子のは65cm( ̄∇ ̄))

その短いわっかタオルを(息子にとっては短くないのだけれど)
駆使しての自力整体( ̄∇ ̄)

自分でも工夫して(自作して)、
これ、気持ちいいな~♪などといいながらやっています。

子供の身体ってすごいなと思うのは、
少しやっただけで、相当身体がスッキリと軽くなるらしいこと。

おぉー!!なんだこれはーーっっ!!身体が軽いっっ!!(° ꈊ °)✧
と言いながら、終わった後ピョンピョン跳ねています。

以前、矢上先生が、子供は木登りとかジャングルジムなどで
身体を使っているうちに自然に整体になるよ。
と仰っていました。

それが一番ベストなのだと思います。

息子も外遊びは好きな方で、身体を使って遊んではいるけれど、
やはりテレビも観るし、ゲームもやるし。結構猫背気味。
なので、自力整体をするとスッキリするという感覚もあるのかと。

子供なんだけれどね、、、とは思うのですが、
現代では身体を使った遊びをする子供が少なくなっているようだし、
その代わりに子供も眼を酷使することが多いので、
子供は自然と整体に・・・ということが、
残念ながら難しくなってきているのかなとも思います。

そんな中で、難しいなりにもできるだけ自然と触れ合いつつ、
遊びつつ、自分の身体を動かしつつ、そして、どんな形でも、
自分の身体を自分で大切にするという感覚を少しでも持っていけると、
将来的に身体の使い方や日常生活も変わってくるかもしれないと。

・・・そんなことを思いながら、隣でわっかタオルでグルグル巻きになった
息子を横目で見つつ、自力整体をする夏休み( ̄∇ ̄)

おすすめの記事