メトロノームってありますよね。

こちら↓

昨日、息子が通っている体操教室で三人一組になって
メトロノームのようなことを行っていました。

イラストを描いてみたのですが・・・笑

こんな感じ( ̄∇ ̄)

真ん中に一人、サイドに二人が立ち、
真ん中の一人が左右に真っ直ぐ倒れ、
サイドに立っている人が倒れてきた人を支え、
反動で押し、今度は反対側に倒れるというもの。

メトロノームのような動きになっているわけです。

私は部屋の外から観ていたので先生の声はよく聞こえなかったのですが、
真ん中の人は、倒れる時に相手を信じないと上手くできないよと。
上手く倒れれば、相手も支えやすいし、自分も楽しい。
・・・というようなことを仰っていたのだと思います。

これを観ていて、ふと思ったこと。

この真ん中に立っている人を「自分」。
両側で支えてくれている相手を自分が目指す「目標」だとします。

相手(目標)を信じず、自分も信じられずの状態で、「目標」に向かうと・・・
なかなか目標に辿りつけなかったり、不安定でブレることも多く、時間もかかり、
自分も辛い。
この体操で言えば、信じられないことで、
倒れる不安から足を踏み出してしまったりと体勢が崩れてしまったりする。
(本来は棒のようにまっすぐに立ち、そのまま倒れればスムーズにいく)

相手(目標)も迎え入れにくい(支えづらい)。

このことは、目標を決めて、その目標に向かい、自分と相手(目標)を
信じることで、スムーズに目標に辿りつけるということを表しているのだと思ったのです。

ちなみにスムーズということは、楽をして目標までに辿りつくということを言いたいのではありません。

自分と目標を信じて、このイラストで言えば「倒れる(行動する)」勇気が必要です。
そして、ブレずに、諦めずに倒れれば(行動すれば)、ブレながら目標に向かうよりは
遥かにスムーズに行きます。

このことは、物理面でも心理面でもどのことにも当てはまるような気がしています。

自分と目標を信じて、ブレずに勇気を持って行動する。

それは、楽しさもスムーズさも併せ持つものなのだと思います(Ü)

おすすめの記事