メールでも手書きでも何等かの資料でも作品でも、
相手がどういう気持ちでそれを書いたか、作成したか、
は、なんとなく相手に伝わるものだと思っている。

もちろん、実際に手で作った作品や手書きのものは、
一番分かり易いと思う。

でも、パソコン打ちのものでも文章の感じや伝え方などで、
実は自分が思った以上にこちらの姿勢というものが相手には
伝わっているはず。

だから、伝える時の姿勢は大切だと思っている。

正直このブログもそう。
恐らくその日の私の姿勢はすぐ分かる(笑)

頭でゴチャゴチャ考えて、知識だけとか、
自己満足な伝え方をしても伝わらない。

反対に心から伝えたいと思うことは、
きっと伝わるのだと思う。

さっき、「伝える時の姿勢は大切だと思っている」と
偉そうに書いたが、実際に思っていただけで分かっていた
つもりになっていたのが正しいかも(‐∀‐

・・・ということが、
今回の教室通信を作成してよく分かった(笑)。

始めのものは、知識だけを伝えよう伝えようと自己満足のものだった。
書き直しをし、伝える側の気持ちを考えて、どう伝えたら分かり易いか、
を考えて、自分が伝えたいと思う言葉で作っていった。

前者と後者、書くときの気持ち、姿勢が全然違った。

それが相手にも伝わるのだと思う。

身を持って体感した出来事。

前者の通信はお蔵入り( ̄∇ ̄)

教室に通われている方は、後者の通信をお楽しみに☆

おすすめの記事