自力整体の実技では、よく膝で腕を踏んで刺激(!?)します。
自力整体をご存知ないと「えぇっ!?膝で腕を踏むっ???」って思うと思います( ̄∇ ̄)

私もそうでした・・・。
自力整体を始めて間もない頃、DVDを観ながらやっていたのですが、
膝で腕を踏むって・・・(‐∀‐
こんな体勢初めてだし・・・(‐∀‐・・・
・・・と思っておりました(笑)

しかーし、この実技が気持ちいい♪
これは、「内関(ないかん)」というツボ刺激にもなるのですが、
この内関というツボ、結構いろんな効能があるのです。

「内関」の「内」は内臓という意味。
まず、消化器系。胃の機能を改善します。
胃もたれや吐き気、嘔吐、食欲不振、つわりなどに有効。
乗り物酔いにも効くとのこと。
(私は大人になってからほぼ乗り物酔いをしないので(船はする)、
試したことがないのですが)

そして、胸のつかえなどにも有効です。

内関を刺激しながら、自分の身体の感覚に神経を傾けていると
胸辺りがスーッとした感じになるのが分かります。

また、頭に上がった気を下げてくれる働きがある為、
自律神経を整え、頭の緊張をほぐす精神安定にも有効です。

場所はココ↓

掌側手首のシワから指3本分肘よりで、
ほぼ腕の幅の中間あたりにあります。

実技の最中は出来るだけ言葉少な目にしようと心がけており、
(発してしまうことも多々あるのですが・・・)
なーんでここを刺激しているんだろ?
と思っている方もいるかなと( ̄∇ ̄)
(私だったら思うかも)

刺激するときは、急にガッと力を入れるのではなく、
ゆっく~り徐々に圧を加えていきます。
痛気持ちいいところでストップ。
そこでジワァ~と効いてくる感じ。
ゆっくり深呼吸をしているといいかもしれません。

離す時も徐々に徐々にゆっくりとフェイドアウトしていって下さい。

指圧終わったあと、手先まで血液がこれまたジワ~ッっと来る気持ち良さを
感じて、深呼吸を(Ü)

内関のツボだったら、反対の親指でも簡単に気づいた時に
指圧できますし、知っていると使えるツボの一つだと思います(Ü)

おすすめの記事