万が一の停電に備えて、冷蔵庫が使えなくなった時に
傷みそうな食材から調理している今朝です。

炊き込みご飯も作っておいて、これを握っておけば
いざというときに食べられるし、持ち出しもできるかと。

非常食を備えておくのは大事なことだと思います。
しかし、こういう時に朝食抜き生活をしていたり、
研修の時など、一日一食の時もあるので、
一日三回食べなければならない!
というような固定観念がないのは気持ち的に
とても楽だと感じています。

自力整体では、朝食抜きの18時間断食をお勧めしていますが、
それは内臓の動きに合わせた時間帯で食事の時間を考えましょうというもの。

大腸の一番活発になる時間帯は、起床時~正午。
この時間が排泄の時間になります。
この時間帯にものを食べてしまうと排泄が滞ってしまう。

胃の一番活発になる時間帯は、正午~夕方(18時くらいまで)。
消化力も高い時間です。
この時間帯に食べましょうということです。
この時間帯以外は食べないということになると、
18時間断食になるのです。

就寝中は、自然治癒力が働く時間なので、消化作業にエネルギーを取られない為に、
(消化作業にエネルギーを取られてしまうと自然治癒力が働きにくくなる)
空腹で寝ます。

自分の分だけでも一日一食減れば、
その分準備する非常食が少なくて済みますし、
一日一食でもいけると思えば、食に関しては
そんなに気持ちの負担はないかなと。
(水分補給は必須ですが)

ということで、18時間断食を試してみるのもありかと思います。
18時間断食にはいいことがたくさんあるので、
それは次回の教室通信にコツも含め、書きたいと思います。

ただ、非常事態になった場合には、
精神状態も非常事態となると思うので、
そういった時は落ち着く為に、
もしかしたら何かしら食べたくなるものなのかもしれません。

そういった面からも普段から呼吸を深く保ち、
メンタルを鍛えることも大事だなと。
心配や不安が体力的にも大きなエネルギーの消耗に
繋がると思うので。

そんなことを色々と考えている今日の日です。

おすすめの記事