「お米には2種類の作り方があって、農薬を使う方法と
農薬を使わない方法がある。

農薬を使うと米はたくさん取れる。

農薬を使わないと取れる米は少ない。

だけど、農薬を使わない米のほうが、食べた時に
少量でおなかがいっぱいになる」

*倉橋竜哉「毎朝1分!天才のヒント」【作ってみたこと】より抜粋

これは、バリ島の田園にて、バリの方がお話していた内容らしいのですが、
これを読んだときに、心の底からなるほどと。

もちろん、感覚的にお腹がいっぱいになる気もするのだろうけれど、
農薬を使わないお米を食べ、身体も心も満たされることで、
きっと全身で満足するからなのだろうなと思いました。

そこには、栄養とかカロリーとかはあまり関係なく、
丁寧さや愛情も伝わっているはずで。

どれだけそのお米を心を込めて大切に育ててきたか、手間暇かけて育ててきたか、、、
が、食する側にも自然と伝わるのだと思うのです。
意識が伝わるというか。

丁寧に心を込めて作られた料理も、なんとなく分かりますし、そういうご飯は
たくさん食べたと思っても不思議とお腹がもたれない、逆に元気になります。

それは、様々なことに繋がるなと。
普段から丁寧な生活をしているかどうかは、
外でとりつくろってもなんとなく(言葉は良くないですが)バレますね(汗)。

この話、明日に続きます♪

おすすめの記事