一昨日、昨日の記事の続きです。

過去の記事はこちらから。
「目標を実現するための方法。」↓

「目標を実現するための方法。②」↓

これまでにお話した、目標を実現させるための具体化作業を
例えて表現するならば、、、
スーパーなどで夕飯の献立の買い物をするのに、
ザックリとした目標、夕飯を作る(英会話を上達させる)ということだけ決まっていても、
何をつくるのか(明確な目標)を設定していなければ、スーパーであれこれ迷って、
時間がかかってしまうのと同じだと思うのです。
(スーパーの場合はその時間も楽しかったりもしますが)

何を作るか?が分かればそれを具体的に細分化(どこのスーパーでなんの材料を買い、
どういった手順で作るのか)することがしやすい。

こういう記事を書いたのも、今年、目標を結構具体化してみたのです。
今までも具体的にしてきた部分はあるのですが、もっと細分化して
行動しやすいレベルにまで。

すると具体化すればするほど目標がリアルになり、できるかも?と思えるし、
ワクワクもするし、この目標に対して、自分がどう行動すればいいかが
よく分かってくる。

ようは、どう行動すればいいか分からないから行動しない。
そこまで掘り下げていないことが行動に移せない原因の一つで、
今までその部分を相当サボっていたんだな(‐∀‐;;ということが
明確に( ̄∇ ̄;)

具体化していないものは人にも説明できないことが多いと思います。
頭の中でぼんやりとこうだったらいいなとは思うけれど、
いいなで終わってしまう。

目標を立て、それをすぐ起こせる行動レベルにまで細分化し落とし込む。
するとその目標を達成するまでに、想像していなかった行動ももしかして必要かも!?
などということも出てきます。

これ、目標達成するための方法の一つではあると思うのですが・・・
なかなか面白いです!
ワクワクします♪♪♪
是非!!!

おすすめの記事