昨日の続きです。

過去の記事はこちらから。
「自分の身体に責任をもつということ。」↓

「自分の身体に責任をもつということ。②」↓

「自分の身体に責任をもつということ。③」↓

「自分の身体に責任をもつ」というのは、基本中の基本なのだ
(というか、人以外の動物や植物は基本的に自分で責任をもっている気も・・・(‐∀‐)
とは思うのですが、なかなか気づかず過ごしている人も多い。
(私ももちろんそうでした)

「自分の身体に責任をもつ」人が増えたら、医療費も削減できるだろうし、
生き生きと自分の人生を楽しむ人も増えて、様々なことが活気づくだろうなと
考えていましたが、それだけではないことに最近気づきました。

先程挙げましたが、「自分の身体に責任をもつ」と穏やかでエコになりやすい。
環境にもやさしい行動が増え、争うことも少なくなるのではないかと思うのです。
平和なわけです。

外側ばかりに目が向き、目先の利益や見方・視点の違いから争いごとなども
起きているわけですが、一人一人が本当に根本的な、そして、最も身近で
今すぐできる地球平和(環境)対策(地球規模でかなり大袈裟ですが、本気です( ̄∇ ̄))
「自分の身体に責任を持つ」。

難しいことはできないかもしれないけれども、「自分の身体に責任を持つ」は
自分の身体さえあれば今すぐできる。
もちろん、すぐに穏かでエコな人になることは少なく、
時間も必要ですが(私もその過程真っただ中です)、
私は意識が人を変えると思っていますし、自分が変化していく道中も楽しいものです。

何よりそれは自分にとって優しく心地良い♡

「自分の身体に責任を持つ」。
身体にとって心地よい選択をする。
自分の為にも家族の為にも地球の為にも是非っ!!笑

おすすめの記事