ロンドンのナショナルギャラリーに展示してある作品が
上野の国立西洋美術館に3月から来るそう!!

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」
https://artexhibition.jp/london2020/

私は全く絵画に詳しくないし、絵心もないのですが、
美術館の雰囲気は好きなのです。
静かな雰囲気の中、ゆっくりと絵を鑑賞して回る、、、
座って一つの絵をボーっと眺める、、、

そんな時間がすごく好きなのです。

ロンドンはナショナルギャラリーも大英博物館もなんと無料!!
若いころ、ロンドンに行った時にナショナルギャラリー前の広場が
(トラファルガー広場・・・その広場の中にナショナルギャラリーがるのかも)
好きだったので、フラ~とナショナルギャラリーを度々訪れ(無料なのでっ笑)、
ボーっと絵画を眺めてました。

特にモネの「睡蓮の池」という絵は色合いも美しいなーと。
ボーっと眺めるのに最適(笑)で。
(そのモネの絵は日本にも来るそうです)

ナショナルギャラリーといえば、こんな思い出が。。。

小学生の頃だったか、実家がとっていた朝日新聞の確か日曜版の一面に
とある絵画が大きく掲載されていました。
その絵画は結構怖い絵画で(なので敢えてここでは題名はいいませんが)、
父にその絵画の背景を説明してもらったのもあり、
ものすごく印象に残っていました。
(なんの絵か気になる方はお問合せ下さい 笑)

そして、十数年後・・・
ロンドンのナショナルギャラリーで、ふと角を曲がってみたら
目の前のその絵画がドーンと目に飛び込んできた!
(ものすごく大きかったように思います)

その絵のことはすっかり忘れていたのですが、
頭のどこかにあったのでしょうね。

え?本物?あの新聞に載ってた絵の本物??
って、一瞬にして記憶が蘇り・・・
しばらくそこに突っ立ておりました( ̄∇ ̄)

その絵がどこにあるかも知らなかったので
突然の出来事に驚く。。。

そういう美術品との出会いもあるんだなと。
なにか心動かされる作品との出会いもあるし。

・・・もう一度言っておきますが、
美術に関しての知識はゼロです( ̄∇ ̄)
なんのこっちゃ全く分かりませんが、なんとなくいい♡

「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」
きっとすごく混んでゆっくり観るという感じではないかも
しれませんが・・・楽しみにしていたいと思います♪

おすすめの記事