大きな建物の下にある草むらに咲いている椿。
とてもキレイに咲いていました。

誰も見ないかもしれないけれど、
草むらの陰でも、しっかりとキレイに咲いています。

〇〇庭園の椿とか観て楽しむ鑑賞用の椿がありますが、
どちらも同じ椿なんだなと。

ただ、役目が違うだけで、どちらも美しい椿。

この草むらの椿はきっと〇〇庭園の椿を
羨ましいと思ったりはしていないと思うのです。
(もちろん椿からしたら誠に勝手な推測ですが( ̄∇ ̄))

私は私。ここで花を咲かせています。

と、凛としている椿の奥にも人の目にも触れないであろう
椿がたくさん咲いていました。

自分の場所で、自分を精一杯開花させているだけ。
〇〇庭園の椿も草むらの椿も、
どちらも特別でどちらも美しいと思うのです。

私は庭園の椿からは学ばなかったであろうことを
この草むらに凛と咲く椿から教わりました。

人も同じだなと。
それぞれの役目をそれぞれの場所で開花させれば
良いのではないかと。

それが自分にとって一番心地いい道だし、楽しくもある。

他の役目を羨ましがったり、こんなはずではないと
無理やりなことをするから苦しく生きづらくなる。

自分は自分のままでいいし、自分は自分のままがよいと思うのです。
他の誰にも変わることのできないたった一人の自分なので♡

おすすめの記事