一昨日、昨日の続きです。

一昨日、昨日の記事はこちらから。
「予防医学とは。」↓

「予防医学とは。②」↓

身体の不調について、
もちろん、今でも100%気づいているわけではないと思います。
気づいてない部分もあると思う。
なので、100%防げるというわけではない(偉そうにいうことではないけど( ̄∇ ̄))

しかしながら、日々メンテナンスをし、日々の不調を身体からの
サインだと捉えて早いうちに改善する。
もしくは、身体にとって不快なことから遠ざかる。
ということをしていくことが、大きな症状が出るリスクを少しでも
減らすことに繋がっていくのではないか。

自力整体を行っているとそれが出来る様になってくる。
不調は出るけれども、その不調に対し敏感に察知し、対応できる。
それが自力整体を行っている私自身の予防医学だと思うのです。

自然にそうなってくるのです。
無理に自律神経沿った生活をしなきゃとか、甘いものは控えなきゃとか
(私も食べますけれど。甘いもの(笑)。ただ、変に甘いものは食べなくなるし
量も少しで満足する)を意識しなくても、自然とそうなる。
だから、ストレスなく心地いい身体でいられる。
(もちろん、それが崩れる時もあります( ̄∇ ̄;))

あ、ちなみに整体や施術に何故行くのか?
に対しては、私自身は学びの為もあります。
’自分ではこう思っていたけれど、他の人が診るとこういう見方もあるのか!’
などという勉強にものすごくなる。
プラス、単純にやはり人にやってもらうのも気持ちいいから( ̄∇ ̄)
’人に癒される’という部分で。
とは、普通のリラクゼーション的な施術は年に一回行くか行かないか。
行って一回くらいかも・・・。

本当はもう少し行きたいけれど・・・( ̄∇ ̄)

自力整体を始めて、不調は感じやすくなった。
でもそれは、何も感じていなかった時(・・・といっても
なんか怠いとか疲れたとかは思っていたハズ)よりも
心地よい身体になっているし、なっていこうとするサイン
ではないかと思うのです。

そういったことが前向きな気持ちで、充実した日々を
送れることにも繋がっている。

それが私にとっての予防医学。

おすすめの記事