自力整体の実技前後には、ウエストをわっかタオルで計測します。
(具体的に〇〇cmと測るわけではないです 笑)

で、このウエスト測定・・・
ただ、実技後にウエストが細くなったーーーっ(*>ω<)!! ・・・ということだけでなく、様々なことが見えてきます(‐∀‐ 何故、ウエストが実技前後で変化するのか? それは、身体の捻じれが改善するからです。 例えばこの水のホース。 これはまっすぐな状態。

それが捻じれると・・・

こうなる・・・
(蛇みたい・・・ホースです( ̄∇ ̄))

あくまでイメージですが、こう捻じれると真っ直ぐな状態の時より
捻じれている分、太くなりますね。

それと同じ状態が身体に起きていると考えると、
捻じれがとれた状態は、ウエストが細くなるわけです。

しかも、このホースからも分かるように、捻じれている状態は
水の流れもよくありません。
滞ってしまうわけですね。

身体も同じです。
捻じれがとれると気や水や血の流れが改善される。

なので、普段から自力整体をしていると、ものすごいウエストの変化はないのですが、
(それでもやっぱり数cmはある)
身体の調子が良くないなーと思うときは、実技を始める前のウエストが
いつもより太かったりするのですΣ(|||▽||| )
(ウエストが太い時は、座っている時間が長かった
後に多い気がします)

しかも、そういう時は決まってイライラしがちです。

これは、自分の体調を見極めるのにとても役立つ( ̄∇ ̄)

そして、そういう時は実技をするとウエストの変化も大きい。

ウエストが太くなると、なぜイライラしがちになるのか?

それは、身体が捻じれると身体が緊張し、交感神経が優位に
なりがちになります。
交感神経は、リラックスするときに活発になる副交感神経とは
反対の働きをするもの。

捻じれいる状態では、リラックスすべき時にしきれない。

身体の捻じれによる交感神経の過剰暴走がイライラの感情を
引き起こすことが原因の一つではないか。

ウエストをチェックする際には、実技前後だけではなく、
普段の自分のウエストと異なるかもチェックしてみると
面白いかもしれません♪

いつもより太いな・・・と感じたら、最近不調?とか、
イライラしがちだった?とかね、
自分の身体を観察する良いきっかけにもなると思います(Ü)

おすすめの記事