昨日の続きです。

昨日の記事はこちらから。
「自律神経にも関わる「せかせか世界」と「今ここ世界」。」↓

せかせかとしていることが多いから、
時短のものが人気なのもあるのかもしれない。
時短は楽だし、便利!
私も時短を日々たくさん活用させてもらっている。
(言ってしまえば、洗濯機も食洗器も掃除機も時短グッズだと思う)

でもね、
時には何かを置いてきていると感じる時もある。
味わいとか愛情とか。
心を置いてきているのかもしれない。

時短グッズがいけないというわけではなく、
必要な時は頼ることも必要だと思う。
が、忙しすぎて時短に頼って心がさみしい状態
になる場合もあるのではないかと。

自然いっぱいの環境に行かずとも
時間がゆっくりと流れていると感じる方法。
それが「今ここ」を意識することなのだと思う。

「今、私は・・・」
「今、私は〇〇をやっている・・・」
「今、私は・・・」

意識し始めると自然とせかせかすることも少なくなる。
時間がゆっくりと流れているように感じられる。
でも!だからと言って決して物事が進まないというわけではない。
気持ちよく、心地よく、進むのだ。

私もまだまだ意識しないとせかせかしてしまう。
が、だいぶ「今ここ」を意識できるようになった。
(・・・と思う( ̄∇ ̄))
だから、せかせかしている時と今ここを意識している時の
違いがよく分かる。

同じ時を過ごしていても、「せかせか世界」と「今ここ世界」では
見えるものも捉えるものも心の状態も体の状態も全然違う。

そのうち無意識に「今ここ世界」に常に浸れるように
なれたらと思っています。
きっとそれが心も体も心地良い♡

おすすめの記事