昨日友人から届いたメール。

「空を眺めるのが好きなんだけれど、子供が生まれてから
ボーっと数十分とか眺めたことがないのに気がついて、
(途中略)夏休みひたすら眺めて過ごしたんだ。
空は癒される~」
(*本人掲載承諾済み)

そう、空は癒される。
風も、草木も、海も山も、自然は癒される。

キャンドルの炎やお香から立ち上る煙も癒される。

虫の声や鳥の声、雨の音にも癒される。

昔、会社員をしていた時、夜中まで仕事して
終電がなくて、タクシー帰り。
そして時には夜中1時2時に焼肉食べて、ビールを飲んで(笑)、、、

仕事は楽しかったけれど、自分のことは大事にしていなかった。
忙しくて、トイレの時間ももったいなくて、後回し。
寝る為に家に帰って、、、という生活。

かんっっぜんに冷えてましたな、身も心も( ̄∇ ̄)
変なプライドばかり高くて、それを求めて、顔もキツくて、偉そうで( ̄∇ ̄)

その時は、自然のものが目にも耳にも入りませんでした。
むしろ自然とは反対方向に進んでいた。
(唯一、帰り道に星を眺めるのは好きだったけれど。)

その後、仕事を辞め、子供が生まれ、子供と公園に行く様になったときに
自分の子供の頃を思い出し、自然と触れ合う喜びを一気に思い出した。

でもまだその時は、子供と一緒に自然に触れ合うという「自分で設定した目的」
に沿った自然との触れ合い。

自力整体を始めて、自分と向き合い始めた時から、
自然に空に目がいき、風が心地よいと感じ、
鳥の声や虫の声が耳に入ってくるようになった。

そして、それがとても心地よく、幸せで有り難いものと感じるようになる。

自分と向き合わず、自然と反対方向に進んでいた時にはものがいくらあっても、
自分がいくらがんばっても満たされるということが難しかったように思う。

(だからといって、昔の自分を否定しているワケではありません。
まぁ感じ悪かったとは思うけれど(笑)
昔がなかったら、今の気づきもないしね(๑¯﹀¯๑))

今は、、、こんなに周りには(自分を)満たしてくれるもので
満ち溢れているんだと思う。

自然は、自分に逆らわず、流れのままに身を任せて
ありのままをみせてくれるから癒されるのかもしれない。
そうなりたいという憧れもあるのかもしれない。

自分と向き合うことで、今まで見えていなかったモノ、
耳に入ってこなかったモノが自然にクローズアップされ、
そこに感じる幸せと、そこから得られる学びは大きい♡

おすすめの記事