昨日の続きです。

抵抗の必要がない→疲れない。

昨日の記事はこちらから。
「抵抗の必要がないって素敵♡」↓
http://lifestyle.annvi.com/2018/11/19/post-1738/

抵抗の必要がなければ・・・と感じたもう一つの例。
そう、昨日の出来事です。

一昨日、息子の洗濯物が肌着と上着が重なったまま、
脱ぎ立てホヤッホヤの状態で、洗濯カゴに入っていたのをたまたま主人が発見。
そのホヤホヤ加減が面白くて、なんだこれ!?と二人で笑ったのですが、
重ねて洗濯に出すのは(干すときに大変だから)やめてねと以前から伝えてはある。

もうその時息子は寝ていたので、リビングの息子の席にこのままの状態で
置いておこうと。
そうすれば次の日の朝気づいて直して洗濯に出すかも?という淡い期待(笑)を
もって( ̄∇ ̄)

翌日、私はすっかりそんなことは忘れて、洗濯を回し、干す段階・・・。
・・・(-ε-)(-ε-)(-ε-)
え~~~(-ε-)・・・そのままなんですけど・・・(-ε-)
重なったままなんですけどーーー。

しかも、その時に限って、実は息子二人ともが重ねたまま洗濯に出してる~(‐∀‐;;
( ̄‥ ̄)=3 ( ̄‥ ̄)=3 ( ̄‥ ̄)=3
もう、モヤモヤ=闇、登場ですよね~( ̄∇ ̄;)

ここで、見方を変えたら、「兄弟揃っておんなじことやって面白いな」
とか、「元気がいい」とか、「他にもやることいっぱいあるんだね~」とか
色んな見方ができるわけです(ただだらしがないだけという話も・・・( ̄∇ ̄;))

私は何故モヤモヤしたかを考えました。以下、モヤモヤした理由ー。
「重なっていたらきちんと洗えていないのではないか?」
「重なっていると別々にするのに時間がかかる(濡れていると余計)」
「労力がかかる→疲れる」

そして、先日の息子との外出したときを思い出して、
これって抵抗しているからモヤモヤしているんだよねと。

結局、これも固定観念に囚われているんですよね。
「洗濯ものは重なっていてはいけない」
「自分が重なっている洗濯ものを別々にしなければならない」
「自分が干さなければならない」

・・・誰が決めたんでしょう~( ̄∇ ̄;)( ̄∇ ̄;)( ̄∇ ̄;)
えぇ、わたくしです・・・。

Σ(|||▽||| )Σ(|||▽||| )Σ(|||▽||| )っっっ






明日へ続く・・・Σ(|||▽||| )

おすすめの記事