さてさて、昨日から
「代謝を上げ、潤う身体にするための3つのヒント」
をお送りしています♪

昨日の記事はこちらから。

主に私が自分の体での人体実験からの気づきを挙げて
おりますが、3つのヒントは以下の通り。

☆代謝を上げ、潤う身体にするための3つのヒント☆
①筋肉量がUPすると体脂肪率が下がり、代謝がUPする。
②日々適量の水分補給をしながら体を動かすことで体の水分量がUPする。
③立ち生活をすることで、筋肉量と水分量がUPする。

今日は、2項目目。
【②日々適量の水分補給をしながら体を動かすことで体の水分量がUPする。】
水分補給に関しては、過去に何度かお伝えしていますが、、、
、、、って、結構ゾロゾロ出てきました(‐∀‐

リンク貼っておくので、良かったらお読みくださーい♪

「水分を補給する。」

「水分吸収率を上げるためのヒント☝」

「水分吸収率を上げるためのヒント☝②」

今までの記事にも、ちょこちょこ書いてはありましたが、
日々適量の水分補給をすることはとても大切です。
・・・と、最近ますます思っています。

というのは、昨年の9月くらいから水分を意識して飲み始め、
現在半年ちょっと。

以前より、体が水分を欲しているのが分かるように!!

例えば・・・
夕方になってきて、ちょっと疲れが出てきてボーっとしてきたなと
思ったときは、水分不足の合図。
水分補給をすると、シャキーンとなる(° ꈊ °)✧

一日にある一定量飲まないと、次の日、手がカサカサに
なることも分かりました。

以前は、水分補給をしても唇がカサカサすることもあったのですが、
その症状も全くではありませんが、大きく改善しています。

半年以上経って、やっとちょっとずつ身体が水分補給に
慣れてきたかなという感じです( ̄∇ ̄)

体が慣れてきたというのは、それまでは意識的に飲まないと
ついつい忘れてしまったりしていましたが、
体も水分補給すればそれに応えてくれるように、
そして、私自身も体が教えてくれているのが察知できるように
なってきたのかなというところです。

ただ、体も水分補給すればそれに応えてくれるように
なってきたのは、体を動かす量が増えたということもあるかもしれません。
それに伴い、水分量がUPしてきました。

動かすというより、筋肉を鍛えているということになるでしょうか。
やはり水分補給だけでは、体への水分吸収はされにくく、
筋肉を動かすことが体への水分吸収を促す方法の大事な一つなのだと
感じています。

おすすめの記事